MENU

痩せるための調理方法

美脚を手にいれるためには、食生活も大切です。そのためには調理方法も気をつけなくてはいけません。では、下半身痩せのために気をつける調理ポイントと言ったらなんでしょう。それはズバリ「減塩」です。

 

なぁ〜んだ、と思うかもしれません。でも、実際塩分を控えようと思うと、いつもどれだけ塩分を取っていたかがよくわかると思います。何となく塩分を控えようと思っても、なかなか出来ることではありません。なので、減塩するための方法をお知らせしますね。

 

減塩するための方法

 

最初に使う量を決める

まずは、1日に使うお塩を小皿に取っておくこと。こうすれば、今日1日に使って良い量が分かります。で、この時に考えてほしいのはこのお塩をどう使うかってことです。全部のお料理に少しづつ分散して使うのか、メインにはいつも通り使う代わりに、他の料理は素材の味だけで勝負するのか、など。自分なりのルールを作っておくといいと思います。

 

ハーブや柑橘類を使う

下半身痩せ,方法,調理方法,減塩,ポイント

普段はつかわないハーブや柑橘類を使うのも減塩につながります。お肉など、いつもはこってり照り焼きにしていれば、塩焼きは物足りなく感じますね。

でも、ハーブを振りかけてり、レモンやすだちなどのしぼり汁をかけると風味がグーンとアップします。香りの力もバカにできませんよ。

 

ダシをとる

また、塩分を控えると味が薄くて美味しくないと感じそうです。ですが、ダシをしっかりとることで、うまみが加わりおいしくなります。「だしの素」などは、塩分もしっかり入っています。ですので、鰹節できちんとダシをとることです。

 

鰹節にコンブも加えるとうまみがアップ!ただのお味噌汁や煮物がごちそうにかわりますよ〜。ダシは1日分を朝のうちに取っておけば、面倒なこともありません。お浸しなど醤油を後掛けしたくなる場合も、ダシでうすめたり、スダチなどをしぼったり、一工夫でなんとでもおいしくなります。料理って奥が深いですね。