MENU

ウォーキングを行う場合の注意点

ウォーキングの注意点としてはやはり運動という意識をもつことです。ウォーキング=散歩のイメージをもっているのは大間違い。下半身痩せの方法として取り組むなら、やはり運動しているくらいの意識をもたないと、怠けたくなったり、ケガのもとになります。

 

下半身痩せ,方法,注意,ウォーキング,ポイント

ウォーキングを始める前には必ず準備運動をしてください。夏場は早朝や夕方にウォーキングをしている方をみかけます。特に早朝。起きたばかりの身体を準備体操なしにいきなり動かすのはきけんです。足首をまわし、屈伸をするなど、これから体を動かす準備をしてください。

 

また、1時間あるくとなるとかなり汗をかきます。歩きはじめは寒く感じても、1時間後は汗がびっしょり。(汗をかかないということは、スピードが足りていない証拠です)本当はウォーキング用の吸汗性が高く、乾きやすいウェアで行うのが理想です。(スポーツ用品店などで購入できます)

 

初めからそれを用意するのは勇気がいりますよね。であれば、最低限、脱ぎきしやすい洋服にしてください。Tシャツにパーカー等ですね。冬は特に歩きはじめは寒く感じますが10分もすれば体がホカホカになります。なので初めから着ぶくれないようにしてください。

 

脱いだ洋服を手にもって歩くのは、運動のさまたげになりますから。ウォーキングは速度をはやめると、自然に手もふるようになりますからね。手に荷物を持たないようにすることも大事です。汗ふきのタオルも必要です。

 

また夏場は早朝とはえい、日差しが強いので帽子もマストアイテム。熱中症予防に水分も持ち歩く必要があります。

 

ウォーキングも距離をあるけば脚を痛めます。ウェアはそろえなくても、ウォーキング用のシューズはぜひ1足購入して下さい。クッション性にすぐれていて脚に負担がかかりにくいです。

 

色々うるさくこだわると、イヤになってしまいますが・・・。準備体操とふさわしい服装。それだけはこころがけてくださいね。